昭和村

技術が息づき、 古くからからむしを生産し続ける手の技光る美しい里。

からむし織

福島県有数の豪雪地帯として知られ、奥会津に位置する昭和村は、周辺を山に囲まれた美しい山村です。
伝統織物の上布用原料となる苧(からむし)を、江戸時代中期から絶え間なく生産している村であり、栽培から苧引きの技術は国の選定保存技術になっています。現在はカスミ草栽培にも力を入れ、その栽培面積は夏秋期において全国1位です。
観光スポットとしてはからむしに触れることのできる「道の駅からむし織の里しょうわ」や、約280種類の植物が群生し、春は水芭蕉、秋は紅葉が楽しめる矢ノ原湿原があります。

からむし織

カスミソウ

矢ノ原湿原

お問い合わせ 昭和村観光協会 TEL 0241-57-3100
ホームページ 福島県昭和村 昭和村を観光する