特集コンテンツ for non-japanese

「あかべぇ」は会津地方の民芸品「赤べこ」がモデルのキャラクター。あかべぇが伝えたいのは会津の「おもてなしの心」。全国各地でのPR活動や歓迎のノボリ、電車・バス・タクシーのステッカー、パンフレットなどで会津を訪れるお客さまや全国の皆さまに、日々会津地域をPRしています。

公募情報
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 事務局より
  4. 【極上の会津ブログ第6号】冬のおすすめ観光情報①『只見線』

【極上の会津ブログ第6号】冬のおすすめ観光情報①『只見線』

皆さんは『只見線』をご存知でしょうか。
只見線は、会津若松市と魚沼市(新潟県)を結ぶ約135kmの鉄道路線です。
沿線地域は豪雪地帯であり、地域に住む人達の生活の足として活躍しています。

そんな『只見線』、実は絶景の秘境路線としても有名なんです!!!
これまでに「有田とマツコの怒り新党(テレビ朝日)」で紹介されるほか、「日本一紅葉が美しい鉄道路線1位(2008年)」、「雪景色のきれいなローカル線3位(2003年)」に選ばれるほど、素晴らしい景色を見ることができる路線なんです!!

また、「行くぜ、東北。」(JR東日本)のCMでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

こちらのCMでは秋の紅葉シーズンですが、今回は、白銀の世界を駆け抜ける只見線の様子を少しだけご紹介いたします!

◎大志集落ビューポイント
駅間:会津中川駅~会津川口駅
所在地:金山町
冬の青空が広がった朝は絶好の撮影チャンス!

◎第一只見川橋梁
駅間:会津桧原駅~会津西方駅
所在地:三島町
橋長×幅員:174m

この第一橋梁は、只見線の橋梁の中でも一番人気のスポットです!「道の駅尾瀬街道みしま宿」より遊歩道を15分ほど登るとこのお立ち台に到着します。一面の銀世界に圧倒されること間違いなし!(写真撮影スポットがいくつか御座います)

この他只見線には第八橋梁まであり、どの橋梁でも美しい景色を見ることが出来ます。★第五橋梁から第八橋梁(会津川口~只見)までは、平成23年に発生した豪雨災害の影響で不通となっており、代行バスで運行しております。★

 

只見線沿線は、春夏の山桜や新緑、秋の紅葉など一年を通じて彩豊かな風景を楽しむことが出来ます!この冬会津へお越しの際は、只見線の撮影ポイントを巡ったり、只見線へお乗りいただき車窓からこのダイナミックな景色を堪能してみてはいかがでしょうか!!

冬は大変冷え込みますので、防寒対策をしてお越しください!

*ちなみに先日極上の会津のFacebookでもご紹介しましたが、12月22日に検索サイト「Bing」の背景画像にも使用されました!

 

ようこそ会津へ
極上の会津プロジェクト協議会
事務局/〒965-8601 福島県会津若松市東栄町3番46号 会津若松市役所観光課内
TEL.0242-39-1251 FAX.0242-39-1433

電源立地地域対策交付金事業
Copyright © 極上の会津プロジェクト協議会. All rights reserved.

このページのトップへ